日常の食べることをテーマにつらつらと・・・

by マギーまま

ありあわせ弁当 1つ

おはようございます。

喉がいがいがです。
微熱って同じ温度でも かなりしんどいときと 割と大丈夫なときがあって
あれって 何が違うんやろ?

d0169960_1014559.jpg


本日のお弁当

ご飯・つぼ漬け・黒ゴマ
ベーコンソテー
パプリカ炒め
ほうれん草の胡麻和え
きんぴらごぼう
ゆで卵(関東炊きのん)
ちくわinチーズ紫蘇

・・・なんとなく あるものを なんとなく・・・無秩序に・・・こんな日もあるさ(+_+)

しんどいときは 関東炊きに限ります。
作るもの 簡単。洗い物も少ないし。各自 ご自由にお願いできるし。
翌日は味が染み込んで益々美味しくなるというメリットまであります。

体力が回復するまで ぼちぼちと辛抱強く待ちませう。

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村

リスベート ツヴェルガー って人の絵が好きでした。

d0169960_10214792.jpg


本屋さんで いつもは立ち寄ることのなくなった絵本のコーナーを
横切ろうとしたときに ふと瞳の片隅に入ってきた表紙絵。

あっ!この絵 好き。

手にとって 中の絵をぱらぱらと眺めてて 鳥肌もんになって・・・
遠い昔の記憶の断面がフラッシュバックして・・・この人 知ってる気がする・・
木漏れ日の中を歩いてる 家族・・・うーーん・・・なんだっけ・・・

家に帰って 本棚を探して思い出した。
1987年に西宮市大谷記念美術館でリスベート ツヴェルガー絵本原画展を
観に行った記憶だった。

そのときの名前の読み方は リスベス ツヴェルガーだったな。

娘たちもすっかりと成人して キッズ関連からは遠のいてしまったけど
ふっとしたきっかけで 思い出す 好きだったもの。
リスベート ツヴェルガーの名前もすっかりと忘れてたけど
好きなものはいつまでたっても好きなんやなぁ・・って少し笑える。

「オズの魔法使い」・・・恥ずかしながら これも初めて読む。
この絵本を読む年頃・・・なに 読んでたんやろ・・・
たぶん アメリカンインディアンとか リンカーンの伝記から奴隷解放の
関連書籍を読んでたな・・・アンクルトムの小屋なんて ぼろぼろになってるし。

生意気な子供やったやろうな・・・ファンタジーってのに目覚めたのも
ここんとこ10年くらいか・・・

読むべき年頃にふさわしい読み物を読んでたら もう少しマトモな人に
なってたんだろうか・・・


追伸
小さい頃 ムーミンはカバやって思ってました。
なんの疑いもなく。

ムーミンが妖精やって知ったのも 大人になってからでした。
[PR]
by annie1120 | 2010-09-19 10:48 | お弁当