日常の食べることをテーマにつらつらと・・・

by マギーまま

四十九日

d0169960_14132893.jpg


あっという間にもう四十九日。
歳月の流れはとてもはやい。

ちゃんと向こうの世界に行ったやろか マギーには逢えたやろか。
もう痛みはないやろか お腹いっぱい食べてるやろか。
それとも 二人してわたしの近くにいてくれてるんやろか。

台所のわたしのイスにいっつも座ってた。
いつもいつもわたしをそこから見守ってくれた。

わたしが出かけてから帰ってくると玄関マットがあったかかった。
ずっとそこで帰りを待っててくれたんやな。

アニーはようさんようさんおしゃべりしてたな。
リトルはひとりになってからはちっともしゃべらへん。

生まれてからずっと一緒に寝たね。
家にいるときは片時もわたしのそばから離れなかった。

肉体は無くなってちいさくなってマギーと一緒に
いつもわたしのポケットにいてる。

いつもいつもそばにいてくれてる気がしてならない。
なんなんやろなぁ。

アニー うちに生まれてきてくれてほんまにありがとうね。
いつもいつもそばにいてくれてありがとうね。
マギーが逝ってしまたとき アニーがいてくれたから
生きていくことができた。ほんまにありがとうね。

アニーと一緒に暮らしたとっても濃い時間。
ほんまにしあわせやったよ。
ありがとう。
ありがとう。

自分がどんどん歳とって あっちこっちが思うようにいかなくて
なんとか折り合いをつけながら死ぬまで生きるんやけど
死ぬってこともそうそう怖かったり悪いことでもないな。

また マギーやアニーに逢えるんやもんな。
その日が来るのを楽しみにしてる。
それまでは抱えきれないほどの思い出とともになんとか生きるよ。

別れはこころがどくどく血を流すほどの苦しみやけど
いっしょにいてた大切な時間はそれに対抗できるチカラになるよな。

アニーがわたしのストーカーなんじゃなくって
わたしがアニーに頼り切ってたんや。
だからアニーはいつもわたしを見守ってくれてたんやな。
ありがとうな。
こんなに頼りないわたしやけど 死ぬまではなんとか生きてみるわ。

いつになるかわからんけど マギーといっしょに待っててな。
そういえばマギーもアニーも「待って」は嫌いな言葉やったな。
ちょっと待たせるけど ごめん。待ってて。
[PR]
by annie1120 | 2012-08-16 14:13 | ひとり言